最新ニュース

ウガンダからの視察者来校!(写真をプラスしました)
2010年11月01 日

 

ウガンダからはるばる、三名の信者さんが視察に来られました!!

 
フランシスさん、ベンさん、ティナさんがやってきました。
 
フランシスさんは幸福の科学拠点長をされ、建築家のベンさん、ティナさんは、ご夫婦で、日本を初めて訪れたそうです。
 
記念講堂に参拝するとエルカンターレ像に拝礼。
 
空を指差しておられる主のお姿に対し、ナンバーワンを目指せ、という意味があることを知ると深く感銘しておられました。
 
天井画の天使像は、生徒たち一人一人が天使であり、幸福の科学学園が、四正道に基づく、天使の学校であることを目指していることを伝えると、目を輝かせて天井画を見ていました。
 
 
高校の先生をされている、フランシスさんは、「これから、信仰をもった志高い、若い世代の人たちが、世界中で増えていくことに喜びを感じます。
 
東アフリカ№1大学のマケレレ大学より素晴らしい!!」とおっしゃっていました。
 
ティナさんは、「日本は、とても良い国で、清潔で、礼儀正しく、みんな親切な人々ばかり。記念講堂はとてもすばらしい、気持が変わった」、と感動していました!
 
最後にバスケットゴールの前で、学園生と写真撮影。みんな笑顔があふれました。
 
遠く離れていても、ともに仏の子、気持はひとつです。
 
ウガンダでの成功と幸福をお祈りしています。
 
 
 DSC_0013s.jpg