最新ニュース

中学の部・探究創造科発表会開催!
2011年02月13 日

 

昨日の高校生の部に引き続き中学生の部をご紹介いたします。

2月12日、大川隆法記念講堂にて、中学生の探究創造科発表会が開催されました。

 
IMG_0686s.jpg
中学生は自分の好きな“偉人”の生涯や活躍について調べたことを、パネルセッション形式で発表しました。
 
レオナルド・ダ・ヴィンチ、キュリー夫人、勝海舟、シェイクスピア、手塚治虫…会場では、生徒たちの個性の豊かさを象徴するように様々な偉人のポスターが並びました。
 
自分で選んだ大好きな偉人について目をキラキラと輝かせながら発表する姿は、聴く人々に感動を与えます。
 
生徒たちは皆この日のために、発表原稿やポスターの準備に励んできました。
 
うまくいかないことがあってもそれを乗り越え、感動を与える発表ができたときには、一回り成長した自分を確認できたと思います。
 
原稿を見ずに堂々と発表する生徒も多く、ご来場下さった方からは、「感動的でした。涙が出た」「すばらしい!中学1年生にはみえないです」などの感想を頂き、驚きと感動に包まれた発表会でした。
 
 
【中学の発表会に参加した保護者の声】
 
・中学生は、偉人に対して、直球で向き合っていたと思います。中学生は、内容的には、まだ引用の部分が多いですが、これから自分の考えや研究成果など盛り込まれていくことを期待します。
 
・皆、興味が幅広く個性が豊かで、奥深いところまで勉強しているのが感じられました。
 
・二時間の間に、一年分くらいの内容を勉強させてもらったようでした。
 
・偉人の生涯から、人生の目標を学んでいることが素晴らしいと思いました。本当に感動しました。素晴らしい授業をありがとうございました。
 
・私は、学校の養護教諭をしていて、家族もみな教員をしていますが、まず驚いたのが、このような研究発表をするときは、半分くらいはしっかり言えないものです。しかし、全員が、自分の主張を述べている。ここまでの教育をしていることに驚きました。
 
・思ったよりよくて、時間が足りなかったのが残念。全員分、ポイントだけでも聞きたかった。レベルが高いと思いました。