最新ニュース

探究創造天文地学ゼミ・中学理科部で天体観測
2011年03月03 日

2月22日(火)、高校探究創造科天文地学ゼミと中学校理科部との合同、総勢25名で、大田原市にあるふれあいの丘天文館にて、天体観測を行いました。

【生徒の感想】

今回二回目の天文台(大田原市ふれあいの丘天文館)に行きました。今回65cmの大きな望遠鏡で見たのは、オリオン座の左上の赤い星ベテルギウス、同じく青白い星リゲル、ふたご座のM35(散開星団)、おうし座のM45(別名すばる・ごちゃごちゃ星)、オリオン座の大星雲(M42)。ベテルギウスは、とても長い年月が経っている星で、現在はまだ地球にその光が届いてはいるが、もしかしたら、その星があるところでは、すでに無くなっているかも知れないそうです。大昔に放たれた光が今、見られことに、宇宙の広さを感じさせられました。

 数多くの星を見ていると、先人たちが宇宙に向けてロケットや探査機を飛ばしたのも納得出来る気がします。今回再度、天文台に行くことができたこと、そしてそのために協力して下さった方々に感謝します。今後、新しい発見や各個人のテーマ追究をし、未来を創造してゆきたいと思います。(高1-2 山村悠一郎)

 

天文①.jpg

天文②.jpg