最新ニュース

停電だからこそ感謝
2014年02月16 日
DSC01236.JPG

 

2月15日、吹雪の影響で、校舎は停電になりました。

電力が復旧される夜の7:00まで、電力を消費するものは最低限に抑え、学園の発電機で発電するわずかな電気を分けあって半日を過ごしました。

学園生たちは、「当たり前のことに感謝が生まれた」「電気のありがたさを知った」などの気付きを得、今回の停電は身近なことへの感謝が生まれる良い機会となりました。