幸福の科学学園とは


校長のメッセージ

栃木県人権啓発CMコンテスト「優秀賞」受賞! 探究創造科芸能クリエイターゼミ
2017年12月29日

 

 

このたび、探究創造科芸能クリエイターゼミ高1チームは、栃木県人権啓発CMコンテストに応募し、昨年に続いて「優秀賞」を受賞しました!

 

1111日、とちぎ福祉プラザで開催された県最大級の福祉イベント「ヒューマンフェスタとちぎ2017」で公開最終審査会と表彰式が行われました。

 

受賞作品名は「必要ない人なんていない」

 

学校でいじめられている男の子が「自分は本当に必要か」と悩みながら橋の上を歩き、「飛び込んじゃおうかな」と欄干から川面を覗くと、なんとそこに溺れて流されている女の子が!

 

「あ、危ない、助けなきゃ!」

あわてて飛び込んで助けると、その女の子のお姉さんが飛んできて男の子に言います。

「あなたがいてくれて良かった!」

 

 そこに「必要ない人なんていない」というテロップが重なり、

「みんなで作ろう、人権の世紀」というナレーションで終わります。

「自分のことで悩むことから離れ、人のために愛を与えて生きようとするとき、世界が変わる。すべてのいじめに悩む人に『必要ない人なんていない』というメッセージを届けたい」という制作意図が読み上げられたとき、会場から感嘆の声が漏れ、審査員からも「この制作意図の文章が素晴らしい」という言葉を頂きました。

 

出演者インタビューでは、「川に飛び込んで助けるシーンが、何度も取り直しがあって大変でしたが、今日この場でこのような賞を頂けて、その苦労が報われました。ありがとうございました」と答えていました。

 

 探究創造科では、今後もこのような社会貢献活動を続けていきたいと考えています。

これからもよろしくご指導のほどお願い申し上げます。

 人権フェスタHP用.jpg

人権啓発CM1カットHP用.png

〇「必要ない人なんていない」〇(動画)