オリンピック出発式その2

3月29日、聖火リレー那須町出発式は、幸福の科学学園チアダンス部のほか、
ボランティアでも、数名の生徒たちが参加しました。

感染症予防対策のお願い、ご協力の案内をしながら、
うちわを配ります。

写真は、この日、ボランティア参加を希望してくれた、
2月28日に幸福の科学学園高校を卒業した二名の卒業生たちと。

学園の生徒たちは、お揃いの帽子とパーカーを着て、
担当の方から、ボランティアの内容を詳しく
教えてもらいます。
沿道の方々は、声を出しての声援ができませんので、
うちわをふって、応援します。
うちわは、あっというまになくなり、たくさんの方に受け取っていただくことができました。
プログラムがすべて終了したあと、
ステージの上でも写真を撮らせていただきました。
春休み中でしたが、生徒たちにとって、大変貴重な経験ができました。
オリンピックに関するボランティアは、記念になりました。

出発式で演技するため、控室に入るチアダンス部員たち。
最初の聖火ランナーが走りだしたとき、
右側の一番近い場所で、ポンをふって応援する
チアダンス部員の生徒たち。
金色のポンが目立っています。声は出さなくても、
華やかで、ぱっとまわりが明るくなりました!

オリンピック聖火リレーの那須町のプログラムは、
すべて終了しました。
ありがとうございました!